今の民泊登録ビジネスはホスト側の考え方によって形が変わる

緑のある家

民泊をする場合の注意点

★大阪でシェアハウスをお探しではないですか?シェアハウスは大阪のGUEST HOUSEを活用しましょう!あたたかい人ばかりで、のんびり満喫できるのです!海外の方にも人気ですので、交流したい方にはもっと満足できるのです!

国内にせよ海外にせよ、ホテルではなく民泊を探そうと思っているならいくつか注意が必要です。自分でネットの登録サイトで探すのも良いですが、その場合、ホームページが整っていて見やすいから、という理由で安易にのっかってはいけません。民泊の場合は個人がページを作っていることもあり、そうなるとネットの腕は確かかもしれませんが、民泊のサービス内容とそれは一致する項目ではないからです。まるでホテルのようなキャッチフレーズと写真、上手な文章があっても、そこは一歩踏みとどまって色々探索してみましょう。
また、登録サイトの口コミを見るのも大切です。実際にそこに泊まったことがある人から意見が聞けるので、細かいところまでチェックしましょう。万が一トラブルがあったなどの書き込みがあればやめておいた方が無難です。特に女性が1人で泊まる場合にはホストの登録者が男性か女性かも見ておくと安心ですね。
そして海外に行く場合、海外文化に触れられる一方、言語の壁が問題になります。それがまた面白いと感じられるのなら良いのですが、念のためを思って日本語ができる人の宿に泊まると良いでしょう。慣れないところで何かあったり、観光で困ったら知識が豊富なので即助けてくれるはずです。

最近増えてきた民泊

民泊とは個人のお家にお客さんを宿泊させることで、最近増えてきています。特に2~3年前からビザが緩和された事が原因で外国人の観光客が急増しましたが、ホテルが需要に追い付かないという問題が起こりました。そこで民泊登録が少しずつ普及し始めています。民泊の形態は様々で、自宅の空いている部屋を宿泊客に貸したり、民泊登録用にマンションなどを借りて職業として民泊登録をしている人もいるほどです。
外国人の観光客が急増したことが原因で、東京や大阪、京都のホテルは慢性的に不足しており、宿泊料が高騰しています。シティホテルだけではなくビジネスホテルでも繁忙期では2万円を超えることがあります。この影響を受けているのが出張でビジネスホテルに宿泊するビジネスマンで、ホテルのランクを落としたり日帰り出張などで対応している人もたくさんいるといわれています。
民泊登録が普及することにより、こうしたホテルの不足が解消されるということで期待されています。特に外国人の観光客は数日宿泊しますので、宿泊料が安い民泊は好まれているようです。様々な問題がありますが民泊登録は今後どんどん普及していくといわれていますが、いくつかの欠点もありこれが問題になっています。

民泊経営者の目的

民泊を経営している人の中には、儲けを出そうとビジネスでやっているのではなく、自分自身が楽しむために登録している人がいます。自分が旅行に行って人との出会いを求めるのではなく、やってくる人と友達になろうという新しい試みです。
もちろんある程度お金が出ないと続けていくことはできないので、少なくともプラスマイナスゼロになるようにしなければなりません。しかし、それさえできれば少なくとも楽しむという目的は達成できます。中には、カップルで民泊とる億にチャレンジするところもあり、海外からのゲストを地元でもてなすのが趣味だと言います。
地元に根付いた職業をしていたり、日本伝統の技を持っているならば、それを自分が海外にアピールしにいくのではなく、来てもらうのは良いアイデアです。職場を見せることもできますし、環境そのもの、現場を見学してもらえます。
民泊を経営する目的は様々ですが、このように、お金だけを目当てにしているわけでもなさそうです。今の民泊登録ビジネスはホスト側の考え方によって形が大いに変わるようです。金額やもてなし方を考え、自分の宿だからこそできるものを1つ持つと良いでしょう。成功すればネットで口コミを書いてもらえます。

LATEST RECENT

ワンルームマンションでの民泊は可能か

2016年は、民泊ブームに火がつき始めた年と言えるかもしれません。幾つかのエリアで特区民泊が始まり、民泊条例が制定されてきました。あなたも開業できますか。例えばワンルームマンションを借りて、そこで営業できますか。調べてみましょう。2016年4月に旅館業法施行令の部分改正があり、ワンルームマンションでの民泊が解禁となったという報道がなされました。主に、民泊を始めることができる宿泊施設の面積基準の改定や、一定条件を満たしている場合に、必ずしもフロントの設置義務がないとしたことで、ワンル…

MORE ▶

TOP